個展報告・11月の絵画館④

個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>④

 9月23日(土曜日)

 今日はお店も大にぎわいの1日。
 そんななか、モクちゃんと飼い主さんが来て下さいました。ご夫妻は18日の祝日に、タクシーでお店までいらして下さったとか。改めて、すみませんでした。
 飼い主さんとは3回目の再会ですが、モクちゃんとは初顔合わせ。犬種は確かにトイプードルのはずですが、通常よく見かけるサイズの3倍はある大きさです。奥様の膝の上に座るとドッカリと被ってしまう感じで、大笑いしました。
 お預りした写真では比べる物がなかったので、私は普通のサイズと思い描きあげました。背景のご希望が、小さい頃から大好きだというスノーマンの毛布でしたので、全く不都合がなかったのは、幸いでしたね。
 大きくても可愛いくて愛らしいのは、写真そのまま。普通サイズ(?)のりんちゃんすずちゃんと飼い主さんも加わり、話がはずみました。

<モクちゃんとスノーマン>↓

モクちゃん

(2018年カレンダー10月に収載)→「モクくん(2017/3/4)」

 大にぎわいが少しおさまった頃、横浜からカレンちゃんを抱いたご夫妻が来て下さいました。カレンちゃんが来てくれた!というのは、大きな喜びでした。何故ならカレンちゃんは腎臓の治療中で、お会いできるかどうかは体調次第とお聞きしていましたから。
 今日も午前中に注射をして来てくれたカレンちゃん。それでも会えたのは、嬉しい限りです。

<カレンちゃんとイルミネーション>↓

(2018年カレンダー12月に収載)→「カレンちゃん(2017/2/5)(元の題)」

 昨年は2回も個展に来て下さいましたが、それほどゆっくりお話できたわけではありませんでした。けれど今年は、とてもゆったりと絵やポストカードを見て下さり、いろいろお話もして下さいました。
 ご主人が<花の絵と今描いている絵の雰囲気が全く違うけれど・・・・>と聞かれたことから、装画を描いていた話、横浜の街の話などになり。<そういえば「馬車道の女」という戯曲の装画を、昔描きましたよ>というと、さっそく携帯で検索。あたり前ですが、瞬く間にその本が画面に出てきて。パソコンをよく知らない私としてはビックリ。描いた本人でさえ忘れかけていた本が<今もアマゾンで売られていますよ>と教えて下さいました。

「馬車道の女」↓

「本紹介8 『馬車道の女』」

 そうそう、マリスくんとクリスくんは今日もご来店。今日もクリスくんをけっこう長い時間抱かせていただきました。<一緒に宮崎に帰ろうよ>と本気で誘いたくなる可愛さです。飼い主さんも、最初に比べるとずいぶん抱かれるのに慣れてきた、と言って下さいました。今からもう、来年もお会いしてクリスくんを抱きたい!と思ってしまうほどの、あったかい優しい抱き心地でした。

最終更新日: 2017年 12月 4日 8:34 PM   カテゴリー: カレンダー
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment