私の絵画館13「ひなちゃんと山茶花」

画像

その朝、十月の軽井沢に人影はなく、別荘の点在するあたりは、静まりかえっていました。

一面の霧のなか、小径を散策していた私たちに、遠く馬の蹄の音が聞こえてきました。

足音は確実に近付いてきており、霧のむこうにその距離を測ろうとした瞬間、五、六メートル先に突如として白馬があらわれました。馬には、まっ赤な乗馬服を着た若い女性が乗っていました。★ 続きは題をクリック ↑

深い霧のなかから出現した馬と女性のあまりの美しさに、私たちは声を失い、無意識に道を譲り、ぼんやり見上げるしかありませんでした。

その人は馬上から静かな会釈を残し、何事もなかったかのように通りすぎてゆきました。

再び、馬と女性が霧のなかに消えてゆくまで、私たちは茫然と立ちつくし、見送りました。

もうはや四十年以上も前のことですが、あの美しい一枚の絵のような情景は、今も時折り鮮烈によみがえることがあります。

私を馬にむかわせた原点のような出来事はいくつかありますが、最も凝縮された一瞬ではなかったか、と思ったり致します。

そして今、馬・犬・猫ときどき山羊たちが、しあわせそうに暮らす小さな牧場に通い始めて、もうすぐ七年になります。

その牧場で今年の春生まれたのが「ひなちゃん」です。生まれた翌日の、まだ毛がほやほやとしているひなちゃんを描いてみました。

執筆年

2011年

収録・公開

「ひなちゃんと山茶花」(No. 29:2011年1月1日)

最終更新日: 2018年 12月 29日 2:35 PM   カテゴリー: 絵画, ,
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment