私の絵画館24「ルーシーと木立ダリア」

画像

アイリッシュセッターのルーシーは、小さな牧場「COWBOY UP RANCHカウボーイ アップ ランチ」に住むレイチェル(→「レイチェル」[No. 37:2011年8月24日])のお母さん、そして二匹の子犬たち(もはや大きくなっていますが)のお婆さん。

いつも、オーナー夫妻が以前住んでいたトレーラーの近くで寝ていました。娘のレイチェルとひどく似ていて、はじめの頃は首輪の色で見分けないとわからないくらいでした。★ 続きは題をクリック ↑

5年前、レイチェルが子犬を6匹産みました。子犬たちはとても元気で、たくさんお乳を飲みました。母親のレイチェルはその世話で大変そうでした。

すると、その様子を近くで見ていたルーシーから、お乳が出始めました。

それからはレイチェルと交替で、というよりはむしろ、レイチェルよりも積極的に、子犬の世話をするようになりました。

またある時は、二匹で同時に子犬にお乳をあげることもありました。

大きな箱のなかで横たわり、子犬たちにお乳をあげているルーシーの写真がありますが、どれも幸せそうな、満足そうな表情をしています。次に描く時は、孫たちにお乳を飲ませている優しい瞳をしたルーシーを描いてみたいと思います。

今回は、夕日をあびて寝ているルーシーの毛なみが、あまりにも美しかったので、その金色が映えるようにと、初めてこげ茶色のパステル紙を使いました。そのため、私の絵には珍しく、ちょっと暗い雰囲気になりましたが、今は天国にいるルーシーが、もしかしたらこんな風に花に囲まれて休んでいるかもしれない、と思ったりも致します。

執筆年

2011年

収録・公開

「ルーシーと木立ダリア」(No. 40:2011年12月2日)

最終更新日: 2019年 1月 1日 2:47 PM   カテゴリー: 私の絵画館, 絵画
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment