本紹介21 『教育に不易あり』

本紹介21 平井眞一著『教育に不易あり』(1995/4/14)の表紙絵です。表紙絵に子供たちと犬を描いています。

 

 

 『教育に不易あり』

 

裏表紙です。(少し汚れています。)

 

 

この装画は子供たちの絵になっていますが、最初は「後姿の歩く人たち」という指示でした。
後姿で絵になる人、がそうそういるわけではありませんので、街へ出て観察することにしました。
何年か前から、この宮崎にも大きなショッピングセンターができ、人のにぎわいは郊外に移ってしまいましたが、当時一番にぎわっていたのは、街なかに2つあるデパートの交差点でした。
カメラをもってその橘通3丁目の交差点に行き、ちょっと格好よさそうな男の人や着物姿の女の人など、あら素敵!と思いながら写真にとりました。
そして、そのうちの何人かに登場してもらい、雑踏のなかさりげなく歩く人々を描きました。
けれど、力作(?!)だったにもかかわらず、やっぱり子供たちの絵で、という次の指示が出されました。
そのころ家には、中学生と小学生の子供たちはいましたが、やはり数が足りません。
再び、カメラをもって橘通りに出かけました。人通りが多い、といっても、都会では考えられないほどの数ですので、信号が変わるたびに、子供よ来い!と祈りながら待っていました。
その子供たちに、さてどこを歩いてもらおうか、と考えた時、”市民の森”がうかびました。
そこは家から自転車で15分ほどのところにあるかなり広い公園です。
大きな芝生の広場もありますが、水連の花の咲く池や菖蒲園・梅林などもあり、それらの花の季節になると、毎日のようにスケッチに通った大好きな場所です。
明かるい雑木林のなか、ご近所でつながれている犬に登場してもらい、くさりもなしで自由に林のなかを歩いてもらいました。

 

「たまだけいこ:本(装画・挿画)一覧」で全体をご覧になれます。

最終更新日: 2009年 4月 13日 11:24 PM   カテゴリー: 本(装画・挿画), , 絵画, 風景
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment