次ページへ »

「レオンくんと古城」

最近私の携帯には、毎晩いえ時には日に何度も決まった相手から電話がかかります。その相手とは、猫の“のらちゃん”です。  名前の通り元のら猫のその子は、4年前の5月頃突然娘のところにやってきました。そして家の外からどのように […]



「モンド通信『私の絵画館』一覧」

門土社(横浜)のメールマガジン「モンド通信」のNo. 16(2009年11月29日)からNo. 98(2017年1月9日)まで連載した「私の絵画館」の81編の一覧です。 少し空きましたが、「続モンド通信」に「私の絵画館」 […]



私の絵画館76「ダンクと海」

  しばらく前、牧場に山羊がやってきました。草を食べてもらうために借りてくる<時々、山羊>ではなく常駐です。 山羊はどういう数え方なのか、一匹か一頭か?昔読んだ絵に“三びきのやぎのガラガラドン”というお話があり […]



私の絵画館74「コロちゃんと牡丹」

  昨日、熊本に住む従姉妹にようやく電話をしました。手紙等のやりとりは続いていましたが、直接電話するのは14年ぶりです。 地震発生のニュースを見た時、すぐ何かを送ろうと思いました。 ところがその後思いもよらない […]



私の絵画館73「ルーマーちゃん」

  桜の季節に入りましたが、しばらく前は白木蓮がたおやかに咲いていました。そしてほぼ同じ頃、もう少し小ぶりな白い花も咲きます。<こぶし>です。 ずっと昔、鶴林寺というお寺に一本だけあるその花を見に行きました。案 […]



私の絵画館71「シェルターとログハウス」

  今の世の中、家を一歩出ると広告があふれています。テレビの中も然り。 ほとんどの広告はあいかわらず押しつけがましかったり、騒がしさにすぐチャンネルをかえたくなりますが。それでも短いドラマを見ているようで俳優の […]



私の絵画館67「朔太郎くんとカボチャとベッド」

  すっかり秋になりました。 秋はコスモス。と私のなかでは一直線に結びついています。ただコスモスという花のイメージは、宮崎に来る前と後ではすっかり変わりました。 明石で暮らしていた時にも秋になるとコスモスの花を […]



私の絵画館64「ゴロちゃんと白百合」

  今年は、冒険家植村直巳さんがマッキンレー山登頂後に消息をたってから30年になるそうです。 そんなに月日が流れたのか・・・と思ったのは、ニュースを知ったときちょうど小さな文章を書いていて、それに少し触れたこと […]



私の絵画館62「ケーシーとムギ・コトと山藤」

  三月中頃から四月にかけて、私には小さな楽しみがあります。坂をおりて下のスーパーに行く道の片側は草や木のある斜面で、そこには何羽もの鶯がすんでいます。 学ぶとは<まねぶ>ことだと聞いたことがありますが、それは […]



私の絵画館61「ナナちゃんと桜」

  3月に入り、例年のようにまわりの田んぼでは田植えが始まりました。そんな季節を前にした2月の終わり、スーパーの横にあるお店でたくさんの長靴をみつけました。近付いてみると<田植え用長靴―みのる君―>とありました […]



次ページへ »