私の絵画館10「さやちゃんとコスモス」

画像

さやちゃんは、家で生まれた五匹の中で、一番の美人さんだと思います。同じくらい美人のMちゃんはおっとり型ですが、さやちゃんは明るくて活発。気の強さでは雄のきいちゃんと争っていた程です。「デルフィニュムとMちゃん」(モンド通信No. 22:2010年6月)の時にも触れましたが。★ 続きは題をクリック ↑

里親さがしの会場で、あるお母さんと娘さんが二匹を抱かれた時、それまで一度もいやがったことのない子たちが、何とかしてその腕のなかからのがれようともがき、肩の上まで爪をたてて上がってきました。

上等の洋服に爪を立てられ、お二人は腹立たしく去っていかれたのですが、今だに何故あの時、あれほど二匹が抱かれることに抵抗したのか、よくわかりません。

すぐその後に来られた若いお母さんには、いつも通り全身ウットリした状態で抱かれていましたし、小学校低学年の男の子に抱かれたさやちゃんも、大人しく抱かれたままでした。その結果、優しいご家族と一緒に暮らせることになったのです。

自分たちの運命をかえるあの瞬間に、何を二匹が考えたのか、感じたのか。猫にはひとには見えない何か大きな能力があるのではないか。

そんなことを思ってしまう二年前の暑い日の出来事でした。

秋桜(こすもす)はブログでも紹介しています→2010年用カレンダー「私の散歩道2010」の10月の「さやちゃんとコスモス」、→ブログの「蔦(つた)とさやちゃん」と→2010年用カレンダー「私の散歩道2010」の11月の「蔦とさやちゃん」もどうぞ。

 

執筆年

2010年

収録・公開

「さやちゃんとコスモス」(No. 26:2010年9月28日)

最終更新日: 2018年 12月 29日 1:16 PM   カテゴリー: , 絵画,
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment