私の絵画館12「山茶花」

画像

母は私が二十七歳の時に亡くなりました。十一月でした。
忌引きは一週間程ありましたが、母のいなくなった家に居ることがつらく、確か五日目くらいに出勤しました。

通勤の電車が特急待ちで止まるホームに、大きな山茶花の木が一本ありました。
その朝、ドアが開いたちょうどその前に、白い山茶花は、こぼれんばかりに咲いていました。★ 続きは題をクリック ↑

数日前から思考も何もかも止まったまま、ぼんやりドアの横に立っていた私に、その白さが飛びこんできました。
そして、心にしみ入りました。
何のつながりもありませんが、私はその時、「ああ、母の花だ。」と思いました。

その思いは、何十年たっても変わりません。
ですから、一番最初に描いた山茶花は、もちろん白い花でした。

執筆年

2010年

収録・公開

「山茶花」(No. 28:2010年11月25日)

最終更新日: 2018年 12月 29日 2:29 PM   カテゴリー: 私の絵画館, 絵画,
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment