小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~①:土日の午後は

続モンド通信22(2020/9/20)

小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~①:土日の午後は

「土日の午後は」

小島けい

私の絵画館:「続モンド通信22」(2020年9月20日)

小島けいカレンダー2015年8月

今週も土日の午後、私のテレビは競馬中継です。

いつからでしょうか。<馬の姿を見ていたら、もしかして馬の絵が上手になるのでは?!>というアホな思いから、競馬中継を見るようになりました。

その効果のほどはわかりませんが、今ではただ走る姿を見るだけで、心が洗われるような気がします。

たまにですが、騎手の方の落馬があります。あれほど馬のことを知りつくしているはずの人たちでさえ、一瞬で起こりうる。生き物である馬との兼ねあいの難しさを痛感します。

 

ツルマル・ツヨシ2016

 

小島けいカレンダー2017年11月

これまで見てきたなかで、一番感動したレースがあります。何時だったのかも、馬の名前も忘れてしまいましたが。とても大きなレースで、本命はこの馬!と誰もが予想していた馬がいました。

ところが結果は、全く違う馬が優勝しました。そしてこのレースが、その馬の最後のレースでした。<有終の美を飾る>という言葉通りの見事な勝ちっぷりで、多くの人々に感動とどよめきを残して、引きあげていきました。

引退後、この馬がどうしているのか私にはわかりませんが、どこかの牧場でのんびりすごしていてほしい・・・と願わずにはいられません。

無観客競馬となって何ヶ月もたちます。そんな大歓声のない中でも、馬たちは変わらず、今日もひたすら走り続けています。

シンディと梅

小島けいカレンダー2012年2月

 

 

最終更新日: 2020年 9月 21日 8:25 AM   カテゴリー: エセイ
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment