私の絵画館30「ありがとう・・・」

画像

アトリエで絵を描いていると、いつも午後4時をすぎた頃、1階から三太の呼ぶ声がきこえてきました。散歩の時間だよ、という催促です。

集中して描いている時でも4時をすぎると、いつ呼ばれるか気が気ではなく、落ちついて描いていられなくなります。そして案のじょう、その少し高い一声がきこえます。

“ワン!!”★ 続きは題をクリック ↑

もう少し描きたかったのに、とか、もうちょっと待っててよネ、
とか少しウルサイなあと思いながらも、“ハイハイ”と仕方なく降りていくのが常でした。

今、午後4時半をすぎても誰も呼びません。

三太が自分の生命をとじたことで、私に与えられた自由な時間ですが、その自由が、今はむしょうに痛いです。

数年前三太を亡くして二週間後に書いた文章が、ふと開いた原稿用紙にはさまれていました。

人との関わりに疲れ、ほとんど外の世界と接触を絶ち、限られた空間以外は、ひたすら内にこもって絵を描いていた私にとって、
三太は犬ではありましたが、“人生の相棒”のような存在でした。

外に出るのはおっくうでしたが、私の横を一緒に歩いてくれるだけで、人に会うことも平気、と思えました。

夕方の散歩は、時にはしんどく思ったりもしましたが、それが精神的にだけでなく、実際の健康面においても、大きな働きをしていたことに、体調をくずしやすくなった昨今、改めて気付かされます。

母や父と同じように、三太もはるかに遠いところにゆきました。
そうして、いつもすぐそばにいるようになりました。

生きていた時も、今も、心からありがとう、です。

執筆年

2012年

収録・公開

「ありがとう・・・」(No. 46:2012年5月22日)

最終更新日: 2019年 1月 2日 8:49 PM   カテゴリー: 私の絵画館
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Post a Comment