私の絵画館37「バーニーと水仙」

時代遅れというのか、時代の主流からはずれているというべきか、私は今もパソコンと無縁で暮らしています。もちろんブログもありますし、お客様とメールでのやりとりもしていますが、 それはひとえに“あの人”“この人”のおかげなので […]



私の絵画館36「ラックくん、アンくんと椿」

父は20年前に84歳で亡くなりましたが、晩年、新しい知識を私たちに嬉しそうに教えることがありました。その時私は、またテレビの受け売りでしょう、と心のなかでちょっとバカにしていました。 けれど最近の私は、とても父に似てきて […]



私の絵画館35「子猫とイチョウ」

今年も九月、大分県飯田高原にある“九州芸術の杜”で、個展をしました。昨年より3点多く、74点の絵を展示しました。相変わらず、絵や絵のカード等展示物を送るだけでも大変でしたが、その後、私たちがギャラリーの2階で宿泊する10 […]



私の絵画館34「“まりりんとぷりん”とコスモス」

美人の姉妹猫、まりりんとぷりんは、四国の松山市在住です。 出逢いは昨年9月21日。個展会場である大分県の飯田高原は、その日もまた激しい雨でした。 平日でもあり、雨でもあり、ということで美術館に来られるお客様はとても少なか […]



私の絵画館33「ウィシュウィズと桔梗」

子象が義足をつけて、嬉しそうに草の上を歩いたり、横たわり草の感触を楽しむように体をすりつけたりしていました。 7ヶ月で地雷を踏み、右足をなくしたモーシャという子どもの象が、初めて義足をつけて歩いた場面でした。★ 続きは題 […]



私の絵画館32「鸚鵡のクーちゃんとハイビスカス」

「やさしいライオン」という絵本があります。 ずいぶん久しぶりに、ホコリのかぶったその本を読んでみました。内容もすっかり忘れていましたが、それはあたたかくて、悲しくて、そして最後にひと筋の希望のようなものを感じました。32 […]