のうぜん葛

 

のうぜん葛

 

6月の終わりから7月の暑い季節に咲くのうぜん葛(↓)です。

「私の散歩道2009~犬・猫ときどき馬~」8月

「私の散歩道2009~犬・猫ときどき馬~」8月(企業採用分)

アレックスとのうぜん葛

「小島けい個展 2009に行きました。」(2009年9月25日)

「私の散歩道2011~犬・猫ときどき馬~」7月

「私の散歩道2013~犬・猫ときどき馬~」7月(企業採用分)

ツルマルツヨシとのうぜん葛

「私の散歩道2014~犬・猫ときどき馬~」7月

「私の散歩道~犬・猫・ときどき馬~一覧(2004年~2021年)」もどうぞ。

伊藤隆弘『劇作百花2』(装画、1998/8/1)

「たまだけいこ:本(装画・挿画)一覧」もどうぞ。



小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~⑳:今年もありがとう!(2022年4月20日)

「続モンド通信41」(2022年4月20日)

Continued Mondo Mail Magazine 41, April 20, 2022

小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~⑳:「今年もありがとう!」

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses~⑳:

My Essay:  Thanks this year, too!

(以前に書いた)鸚鵡(クーちゃん)とハイビスカス

A Parrot –Kuh-chan (I once painted) & Hibiscuses

 しばらく前から。朝起きると、しきりに2階の窓のあたりで鳥の鳴き声がきこえるようになりました。窓をあけて外を見ても、姿はありません。
 “まさか、そんなことはないよねえ…。”と思いながらも、アトリエのベランダを気にして見ていると。雨の中、一羽の鳥がベランダ横のBSのアンテナに飛んで帰ってきました。今日は雨ですので、鳴きながらせわしく羽の毛づくろいをしています。結構ながい時間でした。
 それからその少し後。鳴き声がにぎやかなので窓の外を見ると、同じ形の鳥が2羽~3羽ベランダの手すりの上に止まって鳴いています。そして、中からの視線を感じると、みんな慌てて上に飛びあがりました。
 てすりの上には、庇があり、以前使っていたクーラーの管用の穴があいています。
 実はこのベランダの庇では、何年か前に2度、鳥が子育てをしていました。1回目の鳥は大きめで、鳩を細身にしたような形でした。 
 2回目は、それよりは小さく、黒っぽい鳥でした。
 ここ数年は、静かでしたので、もう鳥は来ないのだろう…と勝手に思っていたのですが。
 今日、初めて鳥の姿を見ました。大きさは雀の3倍くらいで、少し長い口ばしは、ほんのりオレンジ色がかっていたような。全体は黒ですが、おなかのあたりに白色も入っていて。これまでの鳥よりはカラフルでした。 
 子供が小さい時は、親だけが何回もエサを運びますが。今日は一瞬でしたが、3羽いたような気がします。手すりにいたのは親だけではなく、子供も大きくなって外に出てきていたのではないでしょうか。
 ここは、下に降りれば小さいながら完全無農薬の畑があり、食糧の虫たちがいっぱいいます。
 きっともうすぐ巣立ちをするのでしょうけれど、“それまでたくさん食べて大きくなってね。そして、今年家に来てくれて、ありがとう!”暗いニュースが続く今日この頃、久しぶりの私にとって明かるニュースでした。おかげで、しばらくぶりに文章を書くことが出来ました。

A short time ago. I have frequently heard birds chirping aroud the windows upstairs.
Wondering, “It can’t be…,” I gazed at the balcony on the 2nd floor. In the rain a bird came back to the BS (Broadcasting Satellite) antenna beside the balcony. As it is raining today, the bird is busy grooming, while chirping. It was for quite some time.
A short time later.  I looked out the window as the chirping was so hard, and found two or three birds of the same type sit on the railing of the balcony, chirping. Then, all birds were hurriedly flying up maybe because of feeling the line of my sight from inside.
Above the handrail of the balcony there are the eaves, under which the hole for the air conditioning duct is left open.
Under the eaves of the balcony a bird raised children twice during several years. The first bird was a little bigger and shaped like a slendar pigeon.
The second bird was a little smaller than the first one, and of a dark color.
Last few years nothing happened, so I think birds won’t come any more, but….
Today I saw the figure of a bird for the first time. It is about three times the size of a sparrow with a little long beak, and slightly of an orange color. The whole is black, but there is also white around the belly. It’s more colorful than the birds I’ve ever seen.
When children are young, the mother carries foods to them many times. Today I felt I saw three birds for a while. The birds I saw on the handrail was not only the mother bird.
Here in this house a completely pesticide-free vegetable garden can be seen below, so food worms for the bird are plentiful enough. The time of leaving the nest is not so far. I said to myself, “Eat a lot of those worms, and grow up. Thank you for your coming to our house this year! Thanks.” These days we have heard a lot of gloomy news, but for me, this is a very good news, indeed. Thanks to those birds, I was stimulated to write this essay after quite an absence.

「私の散歩道2013~犬・猫ときどき馬~」8月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, August, 2013

「ハイビスカス」 – Hibiscusもどうぞ。←Why don’t visit the site?



最新作:馬(ジプシー)とイチョウ –  A Horse (Gypsy) & Ginkgo

 

馬(ジプシー)とイチョウ –  A Horse (Gypsy) & Ginkgo

 

 
 最新作です。
 馬の名前はジプシー。牧場に一番最初にきた馬ですが、現在でもシーガイアにある<うまいる>(牧場の支部)や牧場で、お客様を乗せ活躍しています。
 私自身も、17年前から一番お世話になっている、大好きな馬です。
 明かるいジプシーの絵を描きたいと思い、黄金色のイチョウと一緒に描きました。
 
「ジプシー」もどうぞ。
 
The latest work.
The name of the horse is Gypsy. This is the horse who came to the ranch first, where I’m one of the regular horse-riding members. Gypsy is still active in getting the members on the back in the ranch and many hotel guests  at the branch ranch near the Seagaia Resort Hotel in Miyazaki, Japan. I  have  also received a favor from the horse for 17 years.
I water-painted Gypsy with gingko of golden color, hoping to make the painting bright.



私の絵画館:馬の親子とチューリップ My Gallery: A Mother Horse and her Child With Tulips

 

私の絵画館:馬の親子とチューリップ

My Gallery: A Mother Horse and her Child With Tulips

私の絵画館:→「続モンド通信40」(2022年3月20日)

My Gallery: Continued Mondo Mail Magazine 40, March 20, 2022)

 

馬の親子とチューリップ – A Mother Horse and her Child With Tulips

 

「私の散歩道2022~犬・猫ときどき馬~」3月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, March, 2022

 
 “お馬の親子は仲良しこよし…”という童謡が確かあったと思いますが。
 この仲良しの親子は<ダスティ>と<ジャスミン>です。
 
I surely remember that there is a Japanese children’s song, “The mother horse and her child are good friends. They always walk together. Trot-trot….”
This parent and child are “Dusty” and “Jasmin.”
 

ダスティ – Dusty

 

「小島けい個展 2009に行きました。」– 2009 Kojima Kei ‘s Exhibition

 
 牧場で生まれた子馬は、しばらくの間お母さんと同じ馬房ですごします。そんな時。“写真撮らせてネ”と近付くと、まず好奇心旺盛な子馬が“何なに?”とカメラに近寄ってきます。
 すると母さん馬も、その後からそっと見守るように近付きます。
 そして、母さん馬もカメラが気になるので、子馬の頭の上にアゴを乗せて一緒に“何なに?”となるわけです。
 そんな楽しい一瞬を、春らしい明かるいチューリップと一緒に描きました。
 
A horse born in a ranch spends together with the mother in the same stable for a while just after the birth. In such a time. When I come up to the child horse, saying “Let me take your picture,” the child horse with curiosity comes up close to the camera at first, “What? What?”
The mother, next, comes up to the camera with the chin on the child’s head, too, “What? What?” as she is also interested in the camera.
I water-painted such a joyful moment with tulips in springtime bright color.
 

ジャスミンとコスモス Jasmin & Cosmos

 

「私の散歩道2021~犬・猫ときどき馬~」10月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, October, 2021



ラッキー(ミックス犬)とブルーポピー – Lucky (Mutt) & Blue Poppies

 

ラッキー(ミックス犬)とブルーポピー

– Lucky (Mutt) & Blue Poppies

私の絵画館:→「続モンド通信41」(2022年4月20日)

My Gallery: Continued Mondo Mail Magazine 42, April 20, 2022)

 

ラッキーとブルーポピー – Lucky & Blue Poppies

「私の散歩道2022~犬・猫ときどき馬~」4月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, April, 2022

 
 2~3年前でしょうか。ある日牧場に行くと、見慣れない犬がログハウスにつながれていました。そして、近付く私にしきりに吠えました。

 私が乗馬に通う牧場では、代々犬は「アイリッシュセッター」という犬種でしたが。この犬はどう見ても、<れっきとした>(昔でいう)「雑種」、今風にいえば、「ミックス犬」でした。

 “この子は、どうしたんですか?”とスタッフの方に聞くと、“数日前(オーナーの)メグさんが、大分県の山の中で、ひろってきた子です”とのこと。

 “ラッキー”という名前をもらったその子は、今もあいかわらず近付くとほえ続けますが。少しずつ<おりこうさん>になって、最近ではおやつのチーズをもらう時には、ほえながらも<おすわり>をするようになりました。

 ほんとうに“ラッキー”な出逢いをして、今では楽しく牧場で暮らしているその子を、幻の花といわれる、ヒマラヤ原産の美しい<ブルーポピー>と、一緒に描きました。

 I’m not sure it happened two or three years ago. One day I went to a ranch and found a strange dog tied to a log house. When I got closer to the dog, he eagerly barked at me.

 In the ranch where I go horse riding Irish setters have been kept for generations. To all appearances this dog is “real” mutt, mixed breed in modern terms. “How come this dog’s here?” I asked a stuff, and he said to me, “Owner Megu picked him up in the mountain in a neighboring Oita.”

 Lucky, given that name, still barks at me when I get closer to him. He has become smarter little by little. These days while barking, he can “sit” when he is given a piece of cheese as a treat.

 I water-painted Lucky, spending happily in the ranch after the “lucky” encounter, with beautiful Himalayan blue poppies, which are said be phantom flowers.
 

<牧場のアイリッシュセッターたちIrish setters in the ranch>

No. 1 レイチェルと子犬 Rachel and Poppies

No. 2 ルーシーと木立ちダリア Lucy and Tree Dahlias

「私の散歩道2018~犬・猫ときどき馬~」11月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, November, 2018

No. 3 レイチェルと猫たち(ジェリーとジャガー)とマーガレット

Rachel , Cats (Jerry & Jagar) & Margarets

「私の散歩道2015~犬・猫ときどき馬~」表紙

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, Cover, 2015

No. 4 メリーとメイとラベンダー Merry, May, & Lavenders

「私の散歩道2016~犬・猫ときどき馬~」表紙

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, Cover, 2016

No. 5 シェルターとログハウス Shelter & Log House

「私の散歩道2016~犬・猫ときどき馬~」2月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, February, 2016

No. 6 シェルターとモルディブの海 Shelter & Maldivian Sea

「私の散歩道2019~犬・猫ときどき馬~」8月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, August, 2019

No. 7 ローラと子山羊とマーガレットLaura, Young Goats & Margarets

「私の散歩道2021~犬・猫ときどき馬~」4月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, April, 2021

No. 8 ゆうちゃんとオーロラ Yuchan (Irish setter) & Aurora

「私の散歩道2022~犬・猫ときどき馬~」11月

Kojima Kei’s Calendar ~Dogs, Cats, and Sometimes Horses, November, 2022



イリスとマヌル猫 -Iris & a Cat (Otocolobus manul)

 

イリスとマムヌ猫 -Iris & a Cat (Otocolobus manul)

 

今年もしばらく前から、庭のイリスが咲き始めました。数日で10本ほどの花が咲いています。イリスの紫は格別で、その花を、世界最古の猫といわれるマヌル猫が見上げています。→「イリス -Iris」、→「花一覧 The World of Flowers」

Irises in our garden began to bloom this year, too. Their purple color is unique, indeed. In the painting a manul cat, which is said to be the oldest species in the world, is looking up at the flowers.



猫の街 – A Town of Cats

猫の街 – A Town of Cats

 

今年の絵の1枚目です。ローテンブルグ(ドイツ)は、赤い屋根が素敵な街です。たくさんの猫たちに登場してもらい、楽しい<猫の街>になりました。

This is the first work of this year.  Rothenburg, Germany, is a cool town with their red roofs.  Many cats are invited into this water painting, which has turned out to be a joyful <town of cats>.



花菖蒲 – Japanese Iris

花菖蒲(はなしょうぶ)- Japanese Iris

 

花菖蒲1- Japanese Iris 1

 

花菖蒲2- Japanese Iris 2

 

花菖蒲3- Japanese Iris 2

宮崎市民の森花菖蒲園 – Japanese Iris Garden in Citizens’ Garden, in our city

 

山田はる子『心の花を咲かせたい』(1989/1/25)- in a book cover

 

裏表紙 – in a back cover

 

扉絵 – as a frontispiece

 

芹沢修『雑木林』(1991/9/8)

 

扉絵 – as a frontispiece

 

上田進『琴線にふれる教育を求めて』(1993/3/20)

 

裏表紙 – in a back cover

「たまだけいこ:本(装画・挿画)一覧」 もどうぞ。- List of book covers

近所の道路脇の花壇に咲く花菖蒲 – Japanese Irises on a roadside near our house



花の世界 The World of Flowers (Current -2022/4/21)

花一覧 The World of Flowers (Current – 2022/3/23)  in  Japanese Alphabetical order

あけび/→あざみ/→あじさい/→アネモネ/→イリス/→うめ/→かき/→がくあじさい/→からすうり/→クリスマスローズ/→こすもす/→さくら/→たいさんぼく/→つた/→つばき/→トルコききょう/→ハイビスカス/→花菖蒲/→ひまわり/→フリージア/→ポピー/→ぼたん/→まゆみ/→むくげ/→むべ

 

<あ>

 

通草(あけび)- Akebia quinata →「通草」

 

薊(あざみ)- Thistle →「薊」

 

紫陽花(あじさい)- Hydrangea →「紫陽花」

 

アネモネ – Anemone →「アネモネ」

 

イリス – Japanese Iris→「イリス」

 

梅(うめ)- Japanese apricot →「梅」

 

<か>

 

柿(かき)- Persimmon →「柿」

 

額紫陽花(がくあじさい)- Lacecap hydrangea →「額紫陽花」

 

烏瓜(からすうり)- Snake Gourd ( Trichosanthes cucumeroides) →「烏瓜」

 

クリスマスローズ – Christmas rose →「クリスマスローズ」

 

秋桜(こすもす)- Cosmos →「秋桜」

 

<さ>

 

桜(さくら)- Cherry blossoms →「桜」

 

<た>

 

泰山木(たいさんぼく)- Magnolia →「泰山木」

蔦(つた)- Ivy →「蔦」

 

椿(つばき)- Camellia →「椿」

 

トルコ桔梗(ききょう)- Lisianthus →「トルコ桔梗」

 

<は>

 

ハイビスカス – Hibiscus →「ハイビスカス」

new! 花菖蒲 – Japanese Iris→「花菖蒲」

向日葵(ひまわり)- Sunflower →「向日葵」

 

フリージア – Freesia →「フリージア」

 

ポピー – Poppy →「ポピー」

 

牡丹(ぼたん)- Peony →「牡丹」

 

<ま>

 

まゆみ – Japanese spindle tree →「まゆみ」

 

槿(むくげ)- Rose of Sharon →「天上の花(むくげ)」

 

郁子(むべ)- Japanese staunton-vine →「郁子(むべ)」



小島けい2007年私製花カレンダー 2007 Flower Calendar

 

小島けい2007年私製花カレンダー 2007 Flower Calendar

解説は→「小島けい2004年私製花カレンダー2004 Calendar」とほぼ同じです。

2009年に小島けいカレンダー「私の散歩道」(「のちに「私の散歩道~犬・猫・ときどき馬~」)を作り始める以前から、私は相方専用のカレンダーを作っていました。それはずっと一年ごとの使い捨てでしたが。今のように画像で残してブログに紹介する日が来るなら、大切に取っておいたのに、と思いますが後のまつりです。1990年代の初めに作り始めたと思うのですが。辛うじて残っているのは2004年から2007年、それも完全には残ってはいません。私にとっては貴重な私製カレンダーの2007年分です。

1月:まゆみ

2月:水仙

3月:猫柳

4月:桜

5月以降(保存出来ず)