2016年カレンダー

「私の散歩道2016~犬・猫・ときどき馬」:詳しくは→2016年カレンダーをどうぞ。

2016年カレンダー表紙
表紙
2016年2月 2016年3月 2016年4月
1月 2月 3月 4月
2016年5月 2016年6月 2016年7月 2016年8月
5月 6月 7月 8月
2016年9月 2016年10月 2016年11月 2016年12月
9月 10月 11月 12月

ご希望の方はメール:tamadayoshiyuki@gmail.comでお申し込み下さい。

表紙

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



2017年カレンダー

「私の散歩道2017~犬・猫・ときどき馬」:詳しくは→2017年カレンダーをどうぞ。

2017年カレンダー表紙
表紙
2017年2月 2017年3月 2017年4月
1月 2月 3月 4月
2017年5月 2017年6月 2017年7月 2017年8月
5月 6月 7月 8月
2017年9月 2017年10月 2017年11月 2017年12月
9月 10月 11月 12月

ご希望の方はメール:tamadayoshiyuki@gmail.comでお申し込み下さい。

表紙

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



2018年カレンダー

2018年用のカレンダーです。

「私の散歩道2018~犬・猫・ときどき馬」:詳しくは→2018年カレンダーをどうぞ。

2018年カレンダー表紙
表紙
2018年2月 2018年3月 2018年4月桜
1月 2月 3月 4月
2018年5月 2018年6月 2018年7月 2018年8月
5月 6月 7月 8月
2018年9月 2018年10月 2018年11月 2018年12月
9月 10月 11月 12月

ご希望の方はメール:tamadayoshiyuki@gmail.comでお申し込み下さい。

表紙

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>③

個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>③

 18日・19日(月火)は定休日でしたが。18日の月曜日は祝日でしたので、お店が開いていると思ってタクシーでかけつけて下さった方や、電車で途中まで来て電話を入れて下さった方がいらっしゃいました。もっと定休日が目立つようにご案内しなければ、とこれも今年の反省材料です。皆様、ほんとうに申し訳ございませんでした。

「月に眠る」↓

(2011年カレンダー11月に収載)→「三太とイチョウ(元の題)」

 9月20日(水曜日)

 知りあいのお客様のご来店は土日が多いので、黙々と作業をしていた午後、ドアの外に懐かしいお顔が。<世田谷から群馬県に引っ越しをして遠くなったので、今年は行けません>とお聞きしていたサクくん・レンくんとご夫妻です。高速を使い2時間かけて来て下さいました。
 実は、ご夫妻はまだ完成した絵を見ておられません。カレンダー会社に画像を送るギリギリ直前まで、絵の描き直しをしていたため、そのままギャラリーに飾らせていただいたのです。
 これは私だけかもわかりませんが、モデルが1匹の絵を2枚描くのと、モデルが2匹の絵を1枚描くのとでは、後者の方がはるかに難しく時間もかかってしまいます。
 今回も、サクくんの方は1回の書き直しですぐご満足いただけましたが、レンくんの表情には悩みました。
 私が参考にしたのは、去年「ルーマー」で撮った何百枚もの写真から選んだレンくんでした。ところが、その表情は家にいる時のレンくんとは違っていました。何しろ弟分のレンくんは家ではまったりくつろいで、甘えん坊の顔をしており、その表情を飼い主さんは望んでおられました。
 ところが、慣れない場所で知らない人が撮っているカメラを見るレンくんの目は、ビックリして見開いている写真ばかり。
 結局、再度送られてきた新しい写真を使って全く違う2枚目の絵を描いたりもしましたが。やはり1枚目の絵が二匹の雰囲気がでているということで。レンくんのまぶたを微妙に描きかえることで、何とかご了承いただきました。
  2匹以上を1枚に描く難しさを、昨年の4匹(ツキちゃんたち)に引き続いて再認識した1枚となりました。

<ツキちゃんたち> ↓

 飼い主さんとは2枚目の絵のご縁で、4回目の再会です。1枚目はサクくんとベッドとカボチャでした。それまで装画を描いていた流れで、花と組み合わせることが多かったのですが、この絵を境に、皆様のお好きな背景をお聞きして描くようになりました。
 懐かしく楽しくお話させていただき、アッという間に時間がすぎました。
 遠い所を、ほんとうにありがとうございました。

<サクくん・レンくん>↓

(2018年カレンダー9月に収載)

<サクくんとベッドとカボチャ>

(2016年カレンダー10月に収載)→「新作:朔太郎くんとかぼちゃとベッド(元の題)」



2017年個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>②

 9月16日(土)

 今日も台風のため、犬ちゃんたちとの出会いは少ない一日でした。けれどオーナーとお知り合いの楽しいご夫婦と会うことができました。
 そのご主人は、以前犬の「自動エサやり機」を作られた方でした。そして今は「猫の自動トイレ掃除機」を考案中だとか。
 ご主人はれっきとした<犬派>なのですが、これからは猫の時代になると考え、たくさんの猫の本を読んで研究を重ね、猫が年を重ねると尿の問題を抱えることを知りました。そこで、掃除だけでなくその回数等を飼い主の携帯に報告していち早く病気を知らせるという、画期的な物を作ろうとされていました。
 確かに家にいる三毛猫の<ぴのこ>はとても神経質で、トイレの砂がきれいでないとオシッコをしに来ても、プイッとやめて行ってしまいます。
 猫にとって、トイレが清潔であることはとても大切なことだと実感していましたので、そのことをお話すると、ますます実現化への意欲が増したご様子。
 ところで何時完成するのですか?とお聞きしたら、研究には莫大な費用がかかるので今から資金集めです、とのことでした。
 私には雲をつかむようなお話ですが。ご主人はしごく真面目に考えておられるので、そう遠くないいつか、長い時間お留守番をしている猫たちが、いつも笑顔で気持ちよくオシッコできる日がくるだろうなあと思えるのでした。

<ぴのこ>↓

(2010年カレンダー表紙に収載)→「梅とぴのこ」

 9月17日(日曜日)

 今日は朝からいろいろ用事をすませ、さあホテルを出ようとした時、オーナーの映子さんからお電話。
 毎年大阪から来て下さる若いお友だちがもう「ルーマー」に到着。そして飛行機の時間が迫っているので長くはいられないとのこと。結局、今年は慌ただしくお電話でお話するだけになってしまいました。ほんとうに、ごめんなさい。
 特に土・日は、これからもっと早く「ルーマー」に行き、お客様をお出迎えしなければ・・・・と反省しました。
 ようやくお店に着くと、以前「月に眠る」という絵をごお購入下さったご夫妻と犬のマリスくん・クリスくんがお食事中でした。毎年お会いしていますが、1年ぶりの再会です。お兄ちゃんのマリスくんは人に慣れていますが、弟分のクリスくんはまだあまり慣れていないそうで、飼い主さんとしてはもう少し人に慣れてほしいということでした。
 そこで本人に気付かれないように(?!)上手に抱かせてもらいました。それでもさすがにクリスくんは途中で、あれっ?いつも抱いてくれている人ではない!と気付き体を硬くしていましたが、黙って我慢していてくれました。
 しばらくして下に降ろすと、ひどくせかせかと水を飲んでいましたので、人知れずずいぶん緊張していたのでしょうね。ごめんね、クリスくん!
 この日は台風一過で、さらにサプライズの静岡県からのお客様もいらして下さったり。久しぶりに大にぎわいの一日となりました。



2017年個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>①

 個展のご報告・11月の私の絵画館<モクちゃん>①

 ご報告が遅くなりました。
 2017年の個展を、無事終えることができました。皆様のお力添えのおかげです。ありがとうございました。
 
 「ルーマー」での個展も5年目となりました。毎年11月にしてきましたが、今年は9月に変更しました。
 実は昨年11月30日に、家にいる4匹の猫のなかで最年長の<ノア>という子が亡くなりました。1年間病気と闘い、見事な最期でした。

<ノア>↓

(2018年カレンダー1月に収載)→「ノアです」

 犬も猫も、人間よりずっと小さい体なのに、どうしてあれほどりっぱいに生き抜くことができるのだろうと、ぼんやり思い出していた時、<せっかくノアがくれた時間だから、大切に使ったら。9月なら長い期間猫(3匹)の世話ができるから>と、相方が言ってくれました。
 その一言のおかげで、11泊12日の東京滞在が実現しました。
 結論から言えば、前半の土・日は大型台風が来る!ということで、犬ちゃんたちとの出会いは少なかったのですが。あの日あの場所にいたからこそ会えた素敵な方たちとの出会いがありました。

 9月15日(金曜日)

 この日はまだ本格的に雨が降っていたわけではありませんが。関東の方までやってくる台風は珍しく、皆さん台風にそなえてか、あるいは何もこんな時に散歩しなくてもと思われたのか、犬ちゃんたちは姿を見せませんでした。
 お天気ばかりはどうしようもないし、外は暗くなったしと帰り支度を始めた時、<今からでも食事できますか>と若いご夫婦が入ってこられました。
 赤ちゃんのカートを置きやすいようにギャラリースペースの席に座られたので、食事ができるまで絵を見ていただいたりしていました。
 赤ちゃんは正真正銘(?)の赤ちゃんで、まだ2ヶ月。そしてご主人はパソコンで絵を描いておられること。奥様は目を痛めて仕事をやめたけれど、以前はテレビのディレクターをしておられたことなど、ぽつりぽつりお話している間にわかりました。
 私が、常々パソコンを使うと細い線などもきれいに描けるのでうらやましく思っているとお話すると、ご主人は<確かに便利な面もあるけれど、こういう柔らかい優しい感じは、やはり手描きでないと描けません>と、飾ってある絵を見ながら言われました。
 さらに、お会いできて嬉しかったからとカレンダーをさしあげようとしたところ<こんないい作品はお金を出して買わないと>と言って、カレンダー1冊とカードを1枚買って下さいました。
 若いのにとても落ち着いた素敵なお二人に出会えただけで、今日一日お店に居た甲斐があったなあと思いながら、帰路に着きました。
 ちなみにその1枚のカードは、<旅する子猫3―ニモと傘>でした。

<旅する子猫3―ニモと傘>↓

(2016年カレンダー6月に収載)



個展始まりました!

今年の個展が本日9月13日(水)から始まりました。

小島けいは15日(金)~24日(日)まで滞在予定です。

ルーマー→Cafe &Gallery Roomer(世田谷区祖師谷、月火は定休日)

展示の写真です。

正面です↓

正面のカレンダーです↓

左の扉すぐ↓

入って右↓

入って左↓

扉すぐのカレンダー↓

扉すぐ右のカレンダー↓

扉すぐ左のカレンダー↓

扉右↓



2017年「私の絵画館」一覧

出版社門土社(横浜)のメールマガジン「モンド通信」(MonMonde)の「私の絵画館」に連載中です。連載した一覧です。タイトルをクリックしてご覧下さい。(2017年1月以降、休止中です。)

<81>→「お話 あのね」(No. 98:2017年01月09日)

<80>→「ダスティ」(No. 97:2016年12月17日)

<79>→「リュウタロウ」(No. 96:2016年10月24日)

<78>→「子猫とコスモス」(No. 95:2016年09月26日)

<77>→「旅する子猫<3> <サントリーニ島>」(No. 94:2016年09月11日)

<76>→「ダンクと海」(No. 93:2016年08月02日)

<75>→「旅する子猫2 ニモと傘」(No. 92:2016年05月25日)

<74>→「コロちゃんと牡丹」(No. 91:2016年04月25日)

<73>→「ルーマーちゃん」(No. 90:2016年04月03日)

<72>→「おじょう」(No. 89:2016年03月07日)

<71>→「シェルターとログハウス」(No. 88:2016年02月09日)

<70>→「ニモ」(No. 87:2016年01月04日)

<69>→「さやと蔦」(No. 86:2015年11月28日)

<68>→「秋日和 ―サンダンス―」(No. 85:2015年11月20日)

<67>→「朔太郎くんとカボチャとベッド」(No. 84:2015年10月19日)

<66>→「旅する子猫1 (モロッコ シャウエン)」(No. 83:2015年08月24日)

<65>→「ツルマルツヨシと海」(No. 82:2015年07月27日)

<64>→「ゴロちゃんと白百合」(No. 81:2015年06月30日)

<63>→「ララとベルフラワー」(No. 80:2015年05月30日)

<62>→「ケーシーとムギ・コトと山藤」(No. 79:2015年05月01日)

<61>→「ナナちゃんと桜」(No. 78:2015年03月23日)

<60>→「モアくんと海」(No. 77:2015年02月23日)

<59>→「アルトくんと菜の花」(No. 76:2015年02月01日)

<58>→「ミー子と椿」(No. 75:2015年01月15日)

<57>→「ケルピーとラ・ブランと木立ダリヤ」(No. 74:2014年12月08日)

<56>→「ダックスくんとイチョウと三日月」(No. 73:2014年10月26日)

<55>→「ピノキオとマックスと葛」(No. 72:2014年08月10日)

<54>→「ツルマルツヨシとのうぜんかずら」(No. 71:2014年07月10日)

<53>→「バロンと紫陽花」(No. 70:2014年06月10日)

<52>→「アイちゃん・ふくまるさんとライラック」(No. 69:2014年05月10日)

<51>→「ゆきちゃんとミニチューリップ」(No. 68:2014年04月10日)

<50>→「 かりんちゃんと桜」(No. 67:2014年03月10日)

<49>→「ぺぺとリリと梅」(No. 66:2014年02月10日)

<48>→「武藏くんとポインセチア」(No. 64:2013年12月10日)

<47>→「ショー子ちゃんと黄色いダリヤ」(No. 63:2013年11月10日)

<46>→「ターバンくんとコスモス」(No. 62:2013年10月10日)

<45>→「『山羊のみた夢 3』」(No. 61:2013年09月10日)

<44>→「 『 山羊のみた夢 』2」(No. 60:2013年08月10日)

<43>→「浜辺(三太と海)」(No. 59:2013年07月10日)

<42>→「天馬とカサブランカ」(No. 58:2013年06月10日)

<41>→「モモコとたんぽぽ 」(No. 57:2013年05月10日)

<40>→「さくらちゃんと桜」(No. 56:2013年04月10日)

<39>→「玄風と紫木蓮」(No. 55:2013年03月10日)

<38>→「レオくんと日々草」(No. 54:2013年02月10日)

<37>→「バーニーと水仙」(No. 53:2013年01月10日)

<36>→「ラックくん、アンくんと椿」(No. 52:2012年12月10日)

<35>→「子猫とイチョウ」(No. 51:2012年11月10日)

<34>→「“まりりんとぷりん”とコスモス」(No. 50:2012年10月10日)

<33>→「ウィシュウィズと桔梗」(No. 49:2012年09月10日)

<32>→「鸚鵡のクーちゃんとハイビスカス」(No. 48:2012年08月10日)

<31>→「ピースちゃんとバラ」(No. 47:2012年07月10日)

<30>→「ありがとう・・・」(No. 46:2012年06月10日)

<29>→「とくちゃんとマーガレット」(No. 45:2012年05月10日)

<28>→「かりんちゃんと桜」(No. 44:2012年04月10日)

<27>→「ロンくんと椿」(No. 43:2012年03月10日)

<26>→「シンディと梅」(No. 42:2012年02月10日)

<25>→「水仙ところちゃん」(No. 41:2012年01月10日)

<24>→「ルーシーと木立ダリア」(No. 40:2011年12月10日)

<23>→「チョビと山茶花」(No. 39:2011年11月10日)

<22>→「ハーシュくんとコスモス」(No. 38:2011年10月10日)

<21>→「レイチェル」(No. 37:2011年09月10日)

<20>→「ももちゃんとひまわり」(No. 36:2011年08月10日)

<19>→「アレックスとのうぜんかずら」(No. 35:2011年07月10日)

<18>→「チェックとスカイ」(No. 34:2011年06月10日)

<17>→「萌ちゃん:野原にて」(No. 33:2011年05月10日)

<16>→「櫻舞う」(No. 32:2011年04月10日)

<15>→「椿山」(No. 31:2011年03月10日)

<14>→「梅の季節に」(No. 30:2011年02月10日)

<13>→「ひなちゃんと山茶花」(No. 29:2011年01月10日)

<12>→「山茶花」(No. 28:2010年12月10日)

<11>→「三太と銀杏」(No. 27:2010年11月)

<10>→「さやちゃんとコスモス」(No. 26:2010年10月)

<9>→「驢馬のパオンちゃん」(No. 25:2010年09月)

<8>→「向日葵とジョバンニ」(No. 24:2010年08月)

<7>→「合歓ときいちゃん」(No. 23:2010年07月)

<6>→「デルフィニュムとMちゃん」(No. 22:2010年06月)

<5>→「藤とココちゃん」(No. 21:2010年05月)

<4>→「のあと桜」(No. 20:2010年04月)

<3>→「梅とぴのこ」(No. 19:2010年03月)

<2>→『水仙』(No. 18:2010年02月)

<1>→『母親になった猫』(No. 16:2009年12月)



サンデーくん(2017/3/13)

兵庫に暮らしていたダックスフンドのサンデーくんです。

額に入りました。



モクくん(2017/3/4)

東京在住のトイプードルのモクくんです。

額に入りました。