つれづれに

▲ 「つれづれに」更新「余震」(2022年7月6日

「揺れ」(7月5日)、→「手入れ」(7月4日)、→「サンフランシスコ」(6月19日)、→「分かれ目」(6月11日)、→「修学旅行」(6月1日)、「『つれづれに』一覧」→(2022年~2018年)(2022/7/6更新)、→(2018年~2007年)、→(2006年度)、→(2005年度)

▲ カレンダーです!!→「私の散歩道2022~犬・猫・ときどき馬」(2022/1/1更新)

2022年カレンダー7月

「2021年のカレンダー」(2021/4/24更新)

▲ これまでのカレンダーを更新しました(2022/3/3)→「私の散歩道~犬・猫・ときどき馬~一覧(2004年~2021年)」Calendar List(2004~2007は私製です

▲ 書いたもの→「2021年11月Zoomシンポジウム最終報告」続モンド通信40、2022年3月20日)

「『ナイスピープル』と『最後の疫病』 」(2月20日)、→「アフリカとエイズ」(1月20日)、→「ケニアの歴史4:モイ時代・キバキ時代 ・現連立政権時代」(12月20日)、→「ケニアの歴史3:イギリス人の到来と独立・ケニヤッタ時代 」(11月20日)

▲ →「アングロ・サクソン侵略の系譜一覧」(2018年12月~)

▲ 続モンド通信38(1月20日)→「続モンド通信一覧」(2018年12月~)、「モンド通信一覧」(2008年12月~2016年9月)

● 小島けいのblogから:

*→「<お知らせ> 2021年 小島けい個展案内」

*new!私の絵画館:→「ラッキー(ミックス犬)とブルーポピー」4月20日)英訳付き(Lucky (Mutt) & Blue Poppies in English

「観覧車」(1月20日)、→「康太郎くん(ダックスフンド)」(12月20日)、「雪之丞くん(ペキニーズ)とおもちゃ」→(11月20日)、「子馬(ジャスミン)とコスモス」→(10月20日)、→「私の絵画館一覧」(2018~)

*エセイ:「⑯:アリスの小さな“きせき”」2021年12月20日

「⑮:月は友だち?」11月20日)、→「⑭:秋にはコスモス・・・・」(10月20日)、→「⑬:中秋の名月に」(9月20日)、→「小島けいのエセイ一覧」

▲ 「書いたもの一覧」を更新しました。(2021/4/26)

▲ ホームページです。→「ノアと三太」

▲ 小島けいの絵のブログ Forget Me Not

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:大学院入試3

考えれば3度目の大学院入試だった。前回2回は修士課程()、今回は博士課程である。修了時一年目は三つ、二年目は一つを受験して、また落ちることにな ...

つれづれに

「つれづれに」一覧です

2018年~2022年分です。それ以降は→「過去のつれづれ」(2018年~2007年)、→「過去ログ(2006年度)」、→「過去ログ(2005年度)」

このブログ以前(2018年~200 ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:修了と退職

締め切り日ぎりぎりだったが、修士論文が提出できたので、当初の目的は果たしたわけである。あとは、高校に行き、校長に退職を願い出て認めてもらうだけだ ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:修論あれこれ

修士論文の提出がぎりぎりになってしまった。入学してすぐにテーマと読む作品も決め、夏にはアメリカに資料探しに行ってめぼしい資料は手に入れ(→「ニ ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:ゼミ

「夜間課程」(↑、3月28日)ではゼミは3年生の時に1年だけで、担当者も私も自主休講が多かったせいか(→「がまぐちの貯金が二円くらいになりました」、1 ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:余震

 億に近い数千万の「揺れ」(7月5日)が大きかった分、余震もなかなかだった。①第1抵当の返済、②在庫の処分、③母親の生活、の余震が長く続いた。親の借金 ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:揺れ

 「百万円」(4月30日)の時より、揺れが大きかった。今回母親が持ち込んだ話は億に近い数千万の借金、前回私は人に金を借りてまで生きてはいけないと方向転 ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:手入れ

 10月から通い始めたマッサージの治療が、2月からは二週間に一度のペースになった。少し落ち着いて来たというところだろう。いつだったか「治療の記録、コ ...

つれづれに

HP→「ノアと三太」にも載せてあります。

つれづれに:体の悲鳴

 危うく死ぬところだった。ずっと体が重く、背中や最後辺りは頭の先まで痺れていた。背中を伸ばして寝られないことが多かった。黒髪も半分は白髪になってい ...