いつも書いている「つれづれ」はこのカテゴリー。

つれづれに

▲ 「つれづれに」→「高等学校3」2022年1月21日

「高等学校2」(1月19日)、→「高等学校1」(1月17日)、→「諦観」(1月15日)、「『つれづれに』一覧」→(2022年~2018年)、→(2018年~2007年)、→(2006年度)、→(2005年度)

▲ カレンダーです!!→「私の散歩道2022~犬・猫・ときどき馬」(2022/1/1更新)

2022年カレンダー1月

「2021年のカレンダー」(2021/4/24更新)

▲ 書いたもの→「ケニアの歴史4:モイ時代・キバキ時代 ・現連立政権時代」(2021年12月20日)

「ケニアの歴史3:イギリス人の到来と独立・ケニヤッタ時代 」(11月20日)、→「ケニアの歴史2 :ペルシャ人、アラビア人とポルトガル人の到来」→(10月20日)、→「ケニアの歴史1:植民地化以前」(9月20日)

▲ →「アングロ・サクソン侵略の系譜一覧」(2022年1月3日現在)「続モンド通信」に連載中。→「続モンド通信一覧」(2022年1月1日現在)

● 小島けいのblogから:

*→「<お知らせ> 2021年 小島けい個展案内」

*私の絵画館:「康太郎くん(ダックスフンド)」12月20日

「雪之丞くん(ペキニーズ)とおもちゃ」→(11月20日)、「子馬(ジャスミン)とコスモス」→(10月20日)、→「犬(ももちゃん)と葡萄」(9月20日)、→「私の絵画館一覧」(2018~)

*エセイ:「⑮:月は友だち?」2021年11月20日

「⑭:秋にはコスモス・・・・」「続モンド通信35」→(10月20日)、→「⑬:中秋の名月に」(9月20日)、→「⑫:秋日和」(8月20日)、→「小島けいのエセイ一覧」

▲ 「書いたもの一覧」を更新しました。(2021/4/26)

▲ ホームページです。→「ノアと三太」

▲ 小島けいの絵のブログ Forget Me Not

つれづれに

つれづれに: 高等学校3

一週間ほど前からまた小鳥が来るようになった。生き物が来てくれるのは嬉しい。そろそろ山に食べるものが少なくなったということだろう。金木犀の枝に刺す二つ切りの柑橘類がお目当てである。幸い近くには柑橘類 ...

つれづれに

つれづれに: 高等学校2

種からのリーフレタスの植え替えが何とか終わり、ブロッコリーと葱の植え替えをしている最中である。去年レタスとブロッコリーの種は採れたが、葱は採り損なってしまった。葱坊主にはなったが、長雨が続いて腐り ...

つれづれに

つれづれに: 高等学校1

辛うじて生き残った苗からのリーフレタスのほか、種からの冬野菜も順調に大きくなっている。作業の出来る時間が限られているので、植え替えが間に合わずに春になってしまうかも知れない。寒い中で体を冷やすと致 ...

つれづれに

諦観

絹鞘豌豆

寒い日が続いている。絹鞘豌豆の白い花がずいぶんと増えてきた。9月に苗から植えたリーフレタスが辛うじて生き残っているが、自給自足用には量が足りない。希釈した酢を撒いても蒔いても虫の勢いに勝てなかっ ...

つれづれに

つれづれに: 歩くコース4木崎浜4

木崎浜も、やはりいい。湘南から来た人が開口一番に「水がきれい」と言ったのも頷ける、「温かい」もこの時期には実感できる。関東から来たなら、尚更だろう。この辺りでも二月の初めが一番寒いようだ ...

つれづれに

「つれづれに」一覧です

2018年~2022年分です。それ以降は→「過去のつれづれ」(2018年~2007年)、→「過去ログ(2006年度)」、→「過去ログ(2005年度)」

このブログ以前(2018年~200 ...

つれづれに

つれづれに: 歩くコース4木崎浜5

木崎浜の5回目、歩くコースの最終回になりそうである。木崎浜に行くようになってからわりと日が経つので、いろいろなことがあったような気がする。何度か護岸工事にも遭ったし、前回の写真の解説に書 ...

つれづれに

つれづれに: 歩くコース4木崎浜3

意識下になかった「遠い」木崎浜に行ったのは、越して来て住み始めた家から真東に行けばどこに行くんだろう、という好奇心からだ。そして、行ってみたら、木崎浜だった。元々名所や人の集まる場所を避 ...

つれづれに

つれづれに: 歩くコース4木崎浜2

浜から北向き、尾鈴山系を背景にシーガイヤが見える

歩くコース4の木崎浜の2回目である。前回→「木崎浜1」(12月26日)でも書いたが、医科大学のある清武が中心だったので、木花 ...