いつも書いている「つれづれ」はこのカテゴリー。

つれづれに

▲ 「つれづれに」更新「歴史をどう見るか」2021年9月11日

「歩くコース2の⑤」(9月10日)、→「歩くコース2の④」(9月9日)、→「大根の芽も」(2021年9月6日)、→「歩くコース2の③」(2021年8月22日)、→「 歩くコース2の②」(2021年8月15日)、→「超早場米」(2021年8月12日)、→「台風一過②(2021年8月11日)、→「台風一過」(2021年8月10日)、→「台風9号」(2021年8月8日)、→「 歩くコース2の①」(2021年7月30日)、→「山頭火の世界③ー防府①」(2021年7月29日)、→「 南瓜の花が・・・」(2021年7月28日)、→「歩くコース1の⑨」(2021年7月27日)、「山頭火の世界②ー生涯」(2021年7月25日)、→「歩くコース1の⑧」2021年7月24日)、→「 山頭火の世界①:なんで山頭火?」(2021年7月22日)、→「つれづれに一覧」(2021年~2018年)、→「過去のつれづれ」(2018年~2007年)、→「過去ログ(2006年度)」、→「過去ログ(2005年度)」

▲ 小島けいカレンダー「私の散歩道2021~犬・猫・ときどき馬」

「2021年のカレンダー」(2021/4/24更新)

▲ 書いたもの最新号「在外研究」(2021年8月20日)

「アングロ・サクソン侵略の系譜29:編註書And a Threefold Cord 」(2021年7月20日)、→「日本語訳『まして束ねし縄なれば』」(2021年6月20日)、→「A Walk in the Night」(2021年5月20日)、→「アレックス・ラ・グーマと『夜の彷徨』」(2021年4月20日)、→「Zoomシンポジウム2021:第二次世界大戦直後の体制の再構築」(2021年3月20日)

▲ →「アングロ・サクソン侵略の系譜一覧」(2021年4月26日現在)「続モンド通信」に連載中。→「続モンド通信一覧」(2021年4月26日現在)

● 小島けいのblogから:

*→「<お知らせ> 2021年 小島けい個展案内」

*私の絵画館最新号「浜辺」続モンド通信332021年8月20日

「うさぎのしょうちゃんとチョビちゃん」7月20日)、「子猫と山桃」(6月20日)、「アイリッシュ・セッター(ローラ)とマーガレット」(5月20日)、「桜舞う(馬と桜)」(4月20日)

「私の絵画館一覧」(No. 1 2018/12/29~)

*小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~最新号「秋日和」2021年8月20日

「⑪:『のらいぬ』の世界へ・・・」7月20日)、→「⑩:運がいいとか悪いとか・・・」(6月20日)、→「⑨:贈り物」(5月20日)、→「⑧:桜舞う」(4月20日)

「小島けいのエセイ~犬・猫・ときどき馬~一覧」

▲ 「書いたもの一覧」を更新しました。(2021/4/26)

▲ ホームページです。→「ノアと三太」

▲ 小島けいの絵のブログ Forget Me Not

つれづれに

つれづれに: 歴史をどう見るか

九月も中旬になり、彼岸花が咲き始めた。この頃に山頭火は山口の其中庵に移り住んだようだ。最初に詠んだのが彼岸花の句。

うつりきてお彼岸花の花ざかり             種田山頭 ...

つれづれに

歩くコース2の⑤

木花神社の中を通る→「歩くコース2の④」(9月9日)の続きで、歩くコース2の最終回である。

神社は無人で普段は誰もいない。見晴らしのいい高台にあって、旧法満寺があった頃にはたくさんの伽藍があり ...

つれづれに

歩くコース2の④

重陽の節句である。

木花神社の中を通る「歩くコース2の③」(8月22日)の続きである。境内の残りの写真を紹介しながら少し書こうと思う。

前回紹介した市指定有形文化財の掲示があり。阿 ...

つれづれに

 大根の芽も

大根の芽

何日か前に薄(すすき)と嫁菜(よめな)が玄関の花瓶に放り込まれていたが、季節は確実に秋になったようである。すすきの絵を描いてもらった気がして画像を探したが見つからなかった。画像にして残し ...

つれづれに

 歩くコース2の③

木花神社の中を通る「歩くコース2の②」(8月15日)の続きである。同じ境内の中にある阿弥陀堂とケニアの続きを少し書こうと思う。

法満寺(今は廃寺)阿弥陀堂

本殿のすぐ近くに阿弥陀 ...

つれづれに

 歩くコース2の②・・・

高台から入る道

木花神社の中を通る「 歩くコース2の①」(7月30日)の続きである。木花神社には高台から入る道を右手に進む。両側の竹林の中の平坦な小道をしばらく歩くと、正面の鳥居の前に ...

つれづれに

つれづれに:超早場米

来た当時の宮崎医科大学(大学ホームページから)

1988年の3月28日に、家族で宮崎に引っ越して来た。子供が二人に、妻も働いていたし、僕は非常勤だけの無職の浪人時代が5年目になっていた。最 ...

つれづれに

つれづれに:台風一過②

曽山寺浜の橋の上から青島を望む

超早場米は次回に回し、台風の続きである。6日(金)辺りから急に台風9号が上陸するかも知れないとニュースで報道し始めた。隔週の金曜日に白浜にでかける時は、下 ...

つれづれに

つれづれに:台風一過

寝ているうちに台風9号は通り過ぎ、台風一過、昨日はきれいに晴れていた。今日も朝から晴れていて、普段の夏の一日である。お盆を過ぎると朝晩凌ぎやすくなるが、まだまだ暑い日が続きそうである

家の ...